FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUみやげ 

AUから持ち帰ったお菓子のお話を。

お土産の王様はやっぱ「マカダミアチョコ」なんでしう。
そして並ぶのが「TimTam」。
今はいろんな種類があるんですね。
IMG_2350.jpg
dackiesさんから「お土産に」といただいたものと、あちこちで買い集めたのとでこんだけ集まりました。
個人的には「ClassicDark」(左端)がビターチョコ使用なので甘さ抑え目でスキ

more...

スポンサーサイト

ただいま 

クックが我が家に来てから、8泊9日なんて離れたことがなかったので、
寂しがっているんじゃないか、ホテルで激吠えしてるんじゃないか
と心配し、エアーズロックから国際電話してしまったワタクシ。。。
どうやら「分離不安」だったのは飼い主だけだった模様。
「いいコにしてますよ~。
でも、ゴハンをあまり食べないので、缶詰をあげちゃったりしてますけど
よかったですか?」
とは、トリマーさん談。
食べないのはいつものとおりなんでダイジョブっす。
カリカリにはあまり興味を示さず、いっつも「遊び食べのクック」ですから~
まあ、少なくとも迷惑は掛けていなさそうだったのでひと安心。

オーストラリアから帰ってきた日は営業時間外になってしまっていたので、
翌朝早々にクックをお迎えに行きました。

奥から出てきたクックは、しっぽブンブンで迎えてくれました。
ただいま!クック!
IMG_2336.jpg

忘れられてなくてよかったっす。
ホテルでは、朝晩2回・5分程度のお散歩だったと思われるので、
久しぶりの「しこたまお散歩」を堪能しながら、家に戻ってきました。

more...

ギャップ 

そんなこんなで、ゴウカでゆったりした空の旅は進み。。。

飛んですぐ。ケアンズ上空
IMG_2314.jpg

インドネシア上空。
IMG_2315.jpg
IMG_2316.jpg

海きれいですねぇ。。。

18:30頃、父島とかあたり?
IMG_2324.jpg
日の入りが近づいてくると、地球の影が見えるんですよね。
なんかすごいなぁ~、と感動しつつ

more...

こちらもゴウカ 

Cクラスのお話を、まだひっぱってみる。。。(^_^;)


Cクラスといえば、なんでも豪華。
それはアメニティももれなく、です。

Yクラスにはつかないコスメとかもついて、さらにメンズとレディースと別にあります!
たまげた~

IMG_3007.jpg
IMG_3010.jpg
メンズにあってレディースになくて残念だったもの。。。

リップクリーム!!

女性はいつも持ってるし~ くらいな感じではずしているのか??
これはぜひ女性用でも欲しいでっす!!

Yクラス用のも載せてみます。
3年前のと違いがあったので並べてみました。

more...

初体験♪ 

ついに来ちゃった。。。
帰国の日でございます。
いっそ、不法滞在者になるか!?(爆)
でも、クックも待ってるしそういうわけにもいかないか。
名残惜しいけど仕方ない。。。

8時過ぎシドニー発の便だったため、朝5時台にホテルを出発。
空港へ向かいます。
真っ暗なうちにホテルを出、空港で夜明けを迎えました。
IMG_2308.jpg
空港からシティが見えます。

出掛けにいろいろあった飛行機、おかげさまで帰り便も大丈夫でした。
空港までのガイドさんも、他のお客さんとは別にCクラス用のカウンターを教えてくれました。
ちゃんとCクラス用のチケットも発行されて、ほっと一息。
でも、係りのおばちゃんに怒られちゃいました。


「あんたたち、荷物が重いのよ!25キロまでなんだからね!」


え。。。

HPにCクラスは30キロまでって書いてあったよ~(ーー;)
ハカリに表示されたのは28キロ台。。。
なぜ怒られる??


そうしてセキュリティゲートを通過~。
予めベルトとか金属物を外しておいたし、スイスイ~。


と、思っていたら、
あれ?ダンナがいない。。。


空港職員にコイコイをされて、ちょっとしたブースへ。。。
無作為に呼ばれる、爆発物のチェックをされてました(_ _ ;)
エアーズロックを出るときにもやられてたんですけど。。。
やっぱ、テロリスト顔なんかな(^_^;)

意外と時間ないな~と思って、そんなに免税店も見ずに搭乗ゲートまで行ったら、
あらら、整備が遅れてるらしく、案内時間になっても乗れない。。。
搭乗口前のロビーで結構待っちゃいました。
こういうときにラウンジ使わなくちゃですよね~。
ああ、失敗。

そうしていざ搭乗となったら、Cクラスだっていうのにそっち専用の通路から行こうとしたら、
日本人の団体客だと思われて、スタッフには「こっちじゃない」とか言われ。。。
そりゃ貧相なカッコしてましたけどさ。
ブランド物ぶら下げてがっちり化粧にハイヒールなんてんじゃなかったし。
(だって、機内で疲れるじゃん。。。)
でも、チケット見てから言ったっていいじゃん~

と、旅の出発前から搭乗直前までサンザンな扱いでしたが、
やっぱCクラスってすごかった!ハードもソフトも。。。
「見てはいけないものを見てしまった」って感じデス(爆)

more...

日本のソレはセールじゃない?? 

オペラハウスを見た後は、街歩き&お買い物~です。
この日はラッキーにも木曜日。
そう、「レイト・ショッピング・デー」!
日ごろの閉店の早いのを気にしないでお買い物が出来ます(^_^)
しかも!6月末はAUの会計年度末!
日本の3月と同じに決算&時期的に冬物大セール!
買い物好きの人にとっては「うはうは」です。

日本のセールって、30%OFFくらいが普通じゃないかとおもうんですけど、
それに比べたらあちらのセールってハンパないですね。
50%オフが普通。がんばってるところで70%オフ!\(◎o◎)/
あちらの方は、普通の時期は欲しいモノをチェックしておくだけにしておき、
セールになったら買いに行くんだそうです。
日本ではそこまではしていないような。。。
(少なくとも私はそこまで気にして買い物しない。。。倹約主婦失格ですな。)

しかも、DFSでもセールやってる。。。
セリーヌとかディオールとかフェラガモとかに赤札ばーんで50%OFF!!と出ている姿って。。。
(さすがに、ヴィトンはやってなかった。)
私にはとてつもない衝撃でございました。。。

ま、それでも、もともと買い物に重点を置いていなかったのと予算も組んでいなかったしで、
一般的メジャーなブランド品は1つも買ってきませんでしたけど。
(調べて行けばよかったと、ちょこっと後悔もないこたないですが。。。(^_^;) )

ちなみにDFSにはジブラルタ生命の代理店(?)ご一行様がきていたらしく、
COACHでは「ジブラルタ生命の方ですか?」と聞かれてしまいました。。。
優績ご褒美旅行ですかね~。
「はい♪」って言ったら、なにかオマケが付いたんだろうか?
が、今とっても気になっています(笑)

行ったのはAUブランドばっかり。
ヘレン・カミンスキーにクランプラーにジュリークにOROTON(AUのキタムラって感じ?)。
円安ではありましたけど、消費税も帰ってくるしで日本で買うより全然安かったです♪
ジュリークは間違いなく半額レベル。。。
こうしてみると化粧品の関税って、どんだけ~って感じですよね。

ちゃっちゃと目的のお店を制覇し、建物探訪をかねてQVBとストランド・アーケードへ。
QVBは中身はビーナスフォートとかみたいにいろいろなお店が入っているビル。
しかーし!
建物が只者ではない。
IMG_2307.jpg
日本の「絵画館」あたりがデパートになっちゃったようなもんです。
クラッシックで豪華、というより「豪奢」といった方がいいかも。
Image033.jpg
でも、このクラッシックで高級なインテリアの中で、
実は振り向くと「どーん」と赤い「SALE!!」の垂れ幕が上から2階まで
ぶら下がっているのはちょっと笑えます。
ああ、それを撮ればよかった。。。

ストランドアーケードは、浅草は仲見世の商店街みたいな感じ!?
(もっとも、はるかにオサレなわけで。)
ここにある「ナッツショップ」でお土産を買いました~。
昔からあるお店のようで、気のいいおじいちゃんとおばちゃんのお店です。
地元の人とおぼしきおじさんが、チョコを量り売りで買ってたり、
小さいお店ですけど結構人が入ってます。
お勧めチョコのパックを買った私に、おじいちゃんが
「違う模様の紙で包んであげるね~」とわざわざ紙を変えて包んでくれました。
かなりザクザクな包みっぷりでしたけど、そこになんだか温かいものを感じたりして。。。
実は自分用のチョコを買わなかったので(!大失態。。。_| ̄|○;||| )
今度は自分用を買い求めに、また行きたいと思います♪

最後の仕上げに「本屋」へ突入~。
(我が家、もともと本屋ジャンキー(^_^;)
 でも、けしてたくさん読んでいるわけではなく、「本屋が好き」なだけ。。。)
エアーズロックリゾートで気になっていた動物図鑑(もちろん英語)がどーしても欲しくなり、
あちこちで探していたのですが。。。

あった!!
IMG_2985.jpg
写真じゃなくて絵というのが気に入ってました。

あれ?
日本の新書サイズくらいなのに、$35もする。。。
AUって、こんなに本高いの!?
でも、迷わずお買い上げ~。
(日本に戻ってきてから、鳥も載ってたやつも買えばよかったとちょっと後悔。。。)

日本の漫画の単行本が結構英訳されて並んでましたよ。
「ドラゴンボール」とか「テニスの王子様」とか。
装丁はほぼそのまんまで、「へ~」ってかんじでした。
漫画にアニメはヨーロッパやアメリカで人気なのは知っていましたが、
AUでも人気あるんですね。

今回、MYER に David Jones  に足を踏み入れていませんでしたが、
翌日AM4:00起きで発つため、荷造りのために早めに切り上げ。。。
また来るさぁ!

(今度は服とかも買えるように予算組んでおこう。。。( . .)φ”)

一番若い世界遺産 

って、なんだかご存知でしょうか?
IMG_2263.jpg
「オペラハウス」なんですね~。
行ってみるまで知らなかったです。はい。

ブリッジクライムのあとは、オペラハウスのガイドツアーへGO!です。
1時間かけて中をガイドしてくれます。
30分コースだと日に何回かあるようですが、1時間の日本語ツアーは日に1回だけでした。
せっかくだから1時間の方っと、日本でWEB予約してみたのですが、
返ってきた画面などがかなり怪しく、早めに行って窓口で確認。。。
やっぱ予約できてなかった!!
あう~と思ったけど、空いていたので申し込みができました♪

ツアー開始の前にお昼ゴハンです。
オペラハウスの下にあるカフェで、
こちらのファストフードの代表格ミートパイをいただくことに。
前回、メルボルンはロッド・レーバー・アリーナで、「チン」するダケのものを食して
「???」だったので、その雪辱です。
一緒にカプチーノとサラダもチョイス。
IMG_2274.jpg
今回は大丈夫!美味しかったです
もっと他に、中身がいろいろだったり、トッピングがいろいろある有名店があるということで、
そこも行ってみたかったですが、
次回のお楽しみとしておきます。
それにしてもこちらは本当にコーヒーが美味い!
ちょっとしたカフェでいただいてもこんなに美味しいなんて。
日本じゃこうはいかないな~。

ちなみに、シドニーのハトは普通でした。
IMG_2278.jpg
トサカはなかったです。ちょっとがっかり(?)

さてさて、ツアー開始の時刻になり、ガイドさんとの待ち合わせ場所に行ってみると、
1日1回だから混んでたりするのかなぁ。。。と思いきや、
ドンデン返しでなんと我が家の貸切ツアーとなってました。
(空いているどころの騒ぎではなかった。。。)
30分ツアーの団体と途中ですれ違いましたが、そちらは結構盛況でしたね。

more...

こっちは登りました!でも。。。 

朝食もそこそこに、朝っぱらから小走りです。
日本から予約しておいた「ブリッジ・クライム」!
IMG_2268.jpg
ハーバーブリッジに登るアクティビティです。むちゃむちゃ楽しみにしておりました。

シドニーに到着した日に、ガイドさんに「ホテルから事務所までは10分くらいかな」と
聞いていたので高をくくっていたら。。。

この界隈、
こんなに高低差があるとは思わなかった!
当たり前に土地勘がないし、予約した時間に遅れるかと思いましたさぁ
でも、まあ、なんとか無事到着。
IMG_2258.jpg
チェックインを済ませて、保護色になっているクライムツアー専用のスーツに着替えて
登頂開始です

私物はサングラス以外はぜーんぶ持っていけないので、
上からの写真はございません。
が、ツアー参加者には、頂上でグループで撮った写真がもらえます。
自分たちだけでも撮ってもらえるのですが、それは有料でお買い上げです。

きっと自分らが登っているときは、こんな感じだったのでしょうね。
つつくと写真大きくなります。
IMG_2301.jpg

いやー、眼下にオペラハウスにシドニーの街並みがとってもキレイ



more...

ステキな出会い-後編!- 

前回の後編でございます。

⊂^U┬───┬~ ⊂^U┬───┬ ~⊂^U┬───┬~

フィッシュ&チップスの完食を回避したとはいえ、
このままでは夕食のBBQがおいしくいただけないでしょうということで、
腹ごなしに湾の反対側、太平洋側にある「Gap Park」のお散歩をご案内くださいました。
IMG_2211.jpg
太平洋からの波が直接ぶつかるので、すごい岸壁になっています。
日本にはこんなところないわよね~と思いながら歩いていると、
立ち入り禁止の岩場で座っていた人から「クジラがいるよ!」の声が。

クジラ見たことないんですよ!

「どこどこどこ!?」と騒ぎながら見ていたら、海面にゆーっくりと背中が。
IMG_2217.jpg
潮吹きもジャンプも尻尾も出なくて、ホントに背中だけでしたけど。
でも感動でした~。


Watsons Bay からお宅への帰りがけに、ダックス兄弟行きつけのペットグッズショップへ
寄ってくれました。
ペットグッズは日本とあまり変わりません。はい。
わん服はやっぱりあまりありません。そこは文化ですね。
虫除けに効くティーツリー配合のシャンプー(もちろんAU製)と、
クックのお土産にピコピコが入ったコアラのぬいぐるみを買ってきました。
(ぬいぐるみは、かぶりついてブンブン振り回すのに丁度いいらしく、
 結構気に入ってくれています。)

大違いだったのは、フード。
10キロのドライフードなどは当たり前にあってフードだけで1倉庫という感じ。
コンビニにあるような冷蔵庫があり、肉屋さんにあるようなどデカい肉のカタマリとか、
ウシの大腿骨と思われるホネなどがどーんと入っています。
日本でも熱帯魚用のオキアミの冷凍などを入れておく、小さな冷凍庫は見たことがありますが、
肉は。。。
ペットの食のスケールも違うなぁ。。。

そして、地元のスーパー「ウールワース」にも連れて行っていただきました♪
国内でもそうなんですけど、地元のスーパー行くの、すごい好きなんです。

さすがは、移民の国。日本も含めていろいろな料理に対応できるように、
食材・調味料とも豊富です。
dackies家は日日頃和食を多く召し上がっていらっしゃるようですが、
お味噌とか豆腐とかも手に入るそうです。
ただ、最近はお米に困るとか。
日本米もAUで作っているそうですが、今AUは旱魃に見舞われているため
お米がとっても不作。。。
そんな話を聞くと、日本で「減反」なんてしてますけど、最近の穀物高&食糧危機が
叫ばれている中なんとももったいない話だなぁと。
素人考えですけど、がんがん作ってがんがん輸出すれば、農家も輸出会社も両方の国も潤うのに。
(もっとも、AUは穀物輸入は酷いくらいに厳しいですけど。)
すべてはJAというものがあるのがいけないんでしょうかねぇ。。。

・・・なんて、ちょっと世界経済について考えてみたり(笑)


夕食は、お約束どおり、お宅でBBQをいただきました♪
あちらではBBQは男性のお仕事のようです。
ピザとかビューティフルな和食を創作されてしまうほどの腕をお持ちのご主人(ああ、うらやましい。。。)
の焼くオージービーフ。。。
いつもブログを見てはPCの前でよだれを垂らしていましたが、それが目の前にあります!

more...

ステキな出会い♪ ~前編~ 

お昼すぎに、ド平日にもかかわらず、あるお方とお会いするアポを取っておりました。
そのお方とは。。。

ドイツ系オーストラリア犬のスムースダックスの兄弟BarneyくんMontyくん
オーナーのdackiesさんご夫婦です♪
IMG_2197.jpg

年明けくらいからブログ上でお付き合いさせていただいてましたが、
断られてトーゼンのつもりで、シドニーに行くのでお会いできないか伺ってみたら、
二つ返事でOKをくださって、もおびっくり!!

なんとっ!さらにさらに、1日観光ガイドをしてくださり、
夜はお宅でオージーBBQをいただけることに
とっても楽しみにしていました♪

ダックス兄弟は「スムース」の性格の典型(飼い主にとても忠実で、聞き分けがよい)で、
年齢(6歳)もあるのでしょうが、クックに比べて、はるかにおとなしい!
まるで哲学書でも読んでいるかのような雰囲気を醸しています。
自分が大好きなモノに対してはやっぱり「おねだり攻撃」を仕掛けてきますが、
それもクックの「どかっっ」という飛びつきに比べたら、はるかにかわいらしい~。
クックにソレを教えてやって欲しい~。
そして、スムースの毛並みがまた手触りいい~♪
(お腹の方は素肌感があってドッキリしましたが。。。)

いや~、すっかりスムースLOVE♪になってしまいました(*^_^*)



さてさて、観光ツアーですが、「虹色の街」を抜けて、Bondi Beach から
Watsons Bay へ向かいます。

Bondi Beach、とっても美しいです日本と同じ太平洋だとは思えない。。。
IMG_2199.jpg
冬だというのに、オージー結構泳いでます。
まあ、日本だって、サーファーは冬も関係なく浮かんでるかもしれませんが。。。
でも、サーファーじゃなくって普通に泳いでる人もいるんです。
Tシャツにはおり物くらいでOKな気温でしたけど、風があったので、
それなりに寒いんじゃないかと思うんだけどなぁ。。。

で、笑っちゃうのが遊泳可のエリアの範囲。
黄色い旗の間で泳がないといけないことになっているそうですが、
その幅が10mくらいしかないんです。
IMG_2200.jpg

Bondi Beach は「わんNG」の海岸だったため、
泳ぎのうまいダックス兄弟と海で戯れることが出来なかったのが残念でした。。。


more...

おのぼりさん 

朝からとってもいいお天気
朝日が、部屋からとーってもキレイに見えました。
IMG_2174.jpg

朝食をすませ、シティ観光に出発です。
でも、お昼から予定があったので、3時間程度で何が出来る!?
ということで、とりあえず「シドニータワー」へ向かってみました。
その姿は文字通り「おのぼりさん」とおんなじ。
 「浜松町に宿を取ったおのぼりさんが、
  スーツ姿のビジネスマンをかき分けて東京タワーに向かうの図」
です。(^_^;)

でも、「シドニーの丸の内」的場所ですが、丸の内ほど人いないです。
多分、「土曜日の丸の内」程度かも。。。

ビルは近代的なものから歴史あるビクトリア調まで様々。
「ほぇ~」と口をあけて見上げてしまいました。。。

ビルの合間からシドニータワー
IMG_2195.jpg

「シドニータワー」にもクライムツアーがありますが、それは時間の関係上今回はパス。
(本当はとってもやりたかった。。。(T_T))

展望台をぐるっと一周。とってもいい天気だったので、ハーバーブリッジにオペラハウスはもちろん、
シドニー空港やブルーマウンテンの山並みまで一望です。

これは南側
IMG_2185.jpg

これは西側
IMG_2188.jpg

こちらはハーバーブリッジ方面
IMG_2192.jpg

上からQVB
IMG_2187.jpg


ここの展望台は、望遠鏡が「タダ」なんです。

寛大だな~、さすがAU

などと、変なところに感心しながら眺めを楽しみました。

おっと!そうこうしている間に待ち合わせの時間が近づいてきました。
急いでホテルまでとんぼ返りです。

more...

リゾートよさようなら シティよこんにちわ 

エアーズロック最終日。
それはそれは、名残惜しゅうございました。。。

リゾート内にあって歩いていけるイマルング展望台で、ひとしきりウルルとカタ・ジュタを眺め、
ショッピングセンターで最後の買い物をし。。。
と、そこでダンナが食いついたのがコレ。
IMG_2398.jpg
IMG_2401.jpg
ちょっと、「銭形警部」を思い起こすお顔の焼き物のラクダ。
1体1体手作りで、お店にあるものぜーんぶ顔が違うんです。
あまり、物欲を訴えないダンナが食いつくのは珍しいので、お買い上げ~。


集合の時間になって、迎えに来てくれたのは登山のセカンドチャレンジの時に
お世話になったガイドさんでした。
あちらも覚えていてくれて「今回は残念だったけど、またきてください~」と別れました。

余談ですが、最近はエアーズロックに来る日本人が減ってきているようで、
このガイドさんに聞いたところ、AATキングスの日本人ガイドは、全盛期の頃は
ガイドの半分が日本人というくらいだったのが、今は4人とのこと。
実際、セイルズ・イン・ザ・デザートの日本語デスクは、3年前にはフロントの外にデスクがあって、
ほぼ人が常駐していましたが、今回はフロント内に吸収されていました。
(これは時期の問題もあるかもですが。)
日本語ツアーも減っているような気がします。。。
このままだと、日本人向けのサービスが消えてしまいそうな雰囲気があります。。。

みなさん!オーストラリアに行きましょう!!
そして、エアーズロックに行きましょう!!
「新婚旅行で行ったからもういいや~」なんて言わずに、新婚旅行とは違った「大人な旅」が
出来るはずです。
(宣伝してどーする(笑) )

っと、話が横にそれましたが。。。

セキュリティチェックを通過して、さて売店でも眺めようかなと思ったら、

あれ?ダンナがいない。。。

空港職員に「コイコイ」をされて、爆発物検査をされてました。。。(^_^;)
コレ、乗客の中からランダムにチョイスされて、受けるやつです。
3年前は私が受けたんですよ、これ。。。
テロリスト夫婦か!?(爆)

いよいよ、エアーズロックとお別れです。

more...

らくだラクダ駱駝 

この日は夕方からお出かけです。

ラクダの上でサンセット見てきました(^_^)
IMG_2092.jpg

本当はサンライズの方が「ビリー・ティー」に軽食が付くのでよかったのですが、
ウルルへの登山のセカンドチャンスが入ってしまったため、急遽変更。。。
さらに、日本語ツアーが催行されていなかったので、英語ツアーで。。。(涙)



乗る前の準備段階でちょいと事件が。。。



いえね、乗る人は安全上ヘルメットを被らなくちゃいけないのですが。。。



Lサイズで入りませんでしたの、ワタクシ。。。(泣)



決してアタマが大きいわけじゃないんです。(と言ってみる)
アタマの形が悪いんです。(これは本当)
絶壁でさらに後ろに行くにしたがって横に広いんです。
(カチューシャとか、カチューシャのようにサングラスを乗っけるとか、
生まれ変わったらやってみたいことのひとつなくらいです。)

でも、被らなくちゃ乗れない~(>_<)
無理やり押し込んでなんとかラクダに乗りました。

IMG_2096.jpg
※このコ↑は「ジェリ」ではありません

乗せてくれたラクダの名前は「ジェリ」。
ジェリ、今日は集中力がなかったらしく、超ワガママ。
勝手に座り込もうとするし、列の前のラクダに乗っているお姉さんが気になるらしく、
ずーっとお姉さんのズボンをはむはむ。。。
IMG_2104.jpg
お願いだからまっすぐ歩いてぇ~(TOT)

IMG_2120.jpg
写真のようにずらっと並んで、ラクダの背に揺られてアウトバックを行きます。


途中、わさわさっと大きな鳥が飛んできました。
「Wedge-tailed Eagle!」
IMG_2119.jpg
帰ってきてから調べましたが、オーストラリア最大の「飛ぶ鳥」だそうです。
翼を広げると2m超にもなるとか。
↑はわかりづらいので、お借りした写真で。。。
わし
。。。でかいですね(^_^;)

今回は後にも先にも野生生物(虫・小型の鳥をのぞく。。。)と出合ったのはこれだけでした。

たまにガイドさんが説明をしたり、写真ポイントでウルルを背景に
乗っているところを撮ってもらう以外は、ひたすら歩く。。。
ラクダの背から見る日の入りは、またとてもキレイです。
(普通となんら変わらない気もしなくもないですか。。。まあ、気分で。)
もちろん、ウルルとカタ・ジュタも見えます。
地を這っていく地平線の影が感動です。

ラクダの歩きっぷりと同じに、とてもまったりと時間が過ぎていきました。

ラクダから降りたら、ベースで軽食(おつまみ程度)とビールやワインをいただきました。
ここで出たタコスチップス美味しかったなぁ。。。

リゾートではかなり人気のアクティビティらしく、
私たちが行ったときも30人近い人が集まっていました。
実際、お勧めです(^_^)
今度はやっぱり「ラクダでサンライズ」をやってみたいなぁ。。。


<おまけ>
無理やり被ったヘルメット。
ツアー途中からひどい頭痛になったことは、言うまでもございませ
ん。
お師匠さんにおしおきをされる孫悟空の気分でございました。。。
次は「マイヘルメット」持参!?(ムリ)

直売 

この日は早朝にウルル登山のセカンドチャレンジをし、
夢破れてホテルに戻ってきました。。。
お昼はスーパーでハムやパンを買い、リゾートの真ん中にあるイマルング展望台で食べました。
風が強い中でしたが(^_^;)、外で食べるごはんっていいですね。
しかも、ウルルとカタ・ジュタ見ながらだし、なんて豪華な眺めでのお昼でしょうねぇ。
IMG_2077.jpg
IMG_2078.jpg

滞在中、ホテルのギャラリーでは、画家のAshleigh Manleyさんの個展をしていました。
1ヶ月間の会期中滞在して、ご本人がその場で描きながら直接対面販売です!
日本じゃ、画家が一人だけで対面販売なんて、ありえない!!
きれいな作品が何枚かあったので、のぞいてみました。
とっても気に入った絵があったのですが、$1800超えだったので断念。。。
アシュレイさんと、「高いよ~」(本人に向かってのたまうワタシ。。。(^_^;) )
「ごめんね~」などと話をしながら、「どのへんの絵が気に入った~?」と言われ
いくつかチョイスし、ブルー系のウルルとサザンクロスとポインターズがシルクスクリーンの作品で手を打ちました。
記念に一緒に写真を撮ってくれたんですよ。(画家本人から言い出すのもすごい。。。)
著作権と肖像権の問題が出ると困るので、写真は載せるのをやめますがこちらでご本人の写真が見られます。
その後は覚えてくれたみたいで、私たちがリゾート滞在中、ホテルの外でも見かけると声をかけてくれました。
とっても気さくなおじさん(おじいさん!?)です。
記帳してきたので、日本に来る時にはお知らせがくるかも。。。
でも、その時にはあちらはきっと忘れているだろうな(笑)

星空満喫! -「Sound of Silence」その2- 

そうそう、このツアーで何がいいって、満点の星が眺められること!!
これに尽きます。

コンデジなので、星空が撮れないのが残念。。。
ぜひご当地でお楽しみいただきたいです。

星空の解説の時間があり、ハンディーサーチライトとでも言いましょうか、
大きな懐中電灯で星や正座の位置を教えてくれます。

南天なので、お楽しみはもちろん「サザンクロス」。
そして、みなみのうおざの「カノープス」でございます。

この日は、月もなく雲もなく、ここ数週間の中で一番いい条件の観測日和だったそうです。
なんてラッキー!
3年前は月が出てしまっていたので、あまり満喫できず。。。
(「エアーズロックから出る月の出」を見られましたけど。)

が、このツアー、まずは英語の解説になります。
単語単語でどの星・星座を言っているのかはわかりますが、やっぱり理解しきれず。。。
しかし!今回、JTBで日本から申し込んでおいたので、日本語のガイドさんが付きました!
よかったよ~。
英語解説が終わり、デザートの前に日本語ツアーの人だけ別場所にちょこっと移動。。。

今回は、解説されなくてもどこに何があるのかがほぼわかりました。

南天なのでね、当然北極星は見えません。
南の方向はこんな感じ。。。 (クリックで拡大)
CAKPAZU3.gif

北はこんな感じ。。。
CA9KSBTP.gif

天の川を肉眼で見たのは小学生以来!?
サザンクロスにカノープス、ポインターズ(ケンタウルス座α星&β星)
「はえ座」なんてビミョーな名前の星座も教えてもらいました。

そして、大マゼラン星雲も見えました~。

天体望遠も設置されていて、土星と木星を見せてもらいました。
不思議ですよねぇ、土星って。

計算によれば「5分に1回は流れ星が見られる」とのことでしたが、今回は見られず。。。
3年前は見たんですけどね。
でもでも、大満足でございました\(^o^)/


おかげで、何年かぶりの天文熱が再燃。。。
次行くときは、イチデジに三脚背負って行ったりして。。。

Sounds of Silence ・・・そしてこっちもsilence。。。 

・・・といっても、S&Gの「Sounds of Silence」ではございません。
アウトバックの中でディナーをいただき、星空観察をするというツアーです。
ホテルに予約専用デスクがあるくらい、人気のあるツアーのようです。
私ら的にはかなりムリのある英語ツアーなんだけど、行ってみたかったんですよ。
砂漠の中でディナーってなんかステキじゃないですか!
(ただの野生児という話もある。。。)

ツアーバスに乗り込んで、舗装道路から未舗装道路を走り。。。
ツアー専用の展望台へ到着です。ツアー専用って豪華ですよね~。
さすがVOYAGES。
IMG_2058.jpg
こんなウルルのサンセットを見ながら、シャンパンとカナッペなどをいただきます。
そして始まったのがディジュリドゥの演奏。。。
IMG_2045.jpg
演奏している彼は、前日Kuniyaでもライブをしてくれた人なのですが、こういう場所で聞くとまた違って、「大地の音」という感じがしてとても神秘的です。

ウルルが完全に光を失うとディナー会場に移ってビュッフェ形式のディナーをいただきました。
IMG_2059.jpg
アウトバックの中に、忽然と美しいテーブルセッティングに近代的なキッチン出現です。

このディナーには、AUならではの食材が出ました。
ビュッフェ形式なので、ついつい食べ過ぎておなかを壊すことがないように、
抑え気味でいただきましたが、タダのシーザーサラダにチキンがのってる~と思って
ガツガツ食べていたのが、実はワニでした。。。Σ(-◇-;)

え、でも、ぜんぜんおいしかったですよ!
聞かされたあとでも、リピートしてもいいくらいでした。

前回・今回で、オーストラリアン・フードとして有名なもの
カンガルー・エミュー・ワニ
は制覇したかも。
あと、何かあったかな。。。?

ビュッフェ形式ですけど、ちゃんとテーブルはあります。
6人で1つのテーブルでいただくんですが、これが自由席なんですわ。。。
これがちっと困った。。。
だって、90%は外国人なんですから。
(って、この場合、外人はあんたたちでしょうが。。。)
コミュニケーションできませんよぉ!

more...

ウルルふもとめぐり 

これ、ウルルの1箇所なんですけど、笑っている顔があるのわかります?
IMG_2004.jpg
パックマンみたいで、とってもお茶目です。

なーんてものを教えてもらいながら、ウルル登山の替わりに、
強風の中(^_^;)をふもとめぐりをしました。
「マラ・ウオーク」と「ムチジュル・ウオーク」の2つのコースを歩きます。
前回来た時とコースは一緒でしたが、今回はとっても短かった。。。
この点はAATKingsよりも、APTの方が楽しめるかもしれません。

more...

至上命題はどうなったか? 

エアーズロック2日目。
早朝より「ウルルサンライズ鑑賞と登山、周辺散策」です。
今は冬なので、日の出が遅くて助かるわ~。
夏来ると、日の出が早い上に、サマータイムでさらに1時間早いですから~。

ホテルで朝食入りバックパックをもらって、出発です。
そして、サンライズ会場で朝食をいただきながら、日の出を待ちます。

あ、もし、これから行くのの参考で見ている人がいたら、
このバックパック、選択できるなら絶対に「洋食」がおすすめです。
1日1回はコメを食さないと落ち着かないワタシですが、
これを食べろと言われるくらいなら、コメなしでもやむなし!と思ってしまうくらい
口に合いません。。。
前回はフロントで聞かれたのですが、今回は問答無用で和食パックになってしまい、かなりがっくりでした。。。

明けゆくウルルはそりゃ美しい!
今回は、とてもはっきりと色が変わってくれました!


more...

夢のモダンオーストラリア! 

今回、ワタシ的にどおおおおしても食してみたかったものがあります。

モダン・オーストラリア料理

ってやつです。
やっぱり、その国の料理を食べないとね!
(なら、ウルルだったらブッシュタッカーだろ、という突っ込みは置いておいて。。。
 いずれ食してみたいとは思います。あ、ムシ系はナシね(笑) )

ホテルのメインダイニングである「Kuniya」。
前回来た時から気になってたんですよね~。


しかしっ!!


ココ、世界のVIPなども来るところ。。。
ドレスコードはさぞかし厳しいだろうな。。。と、フロントで予約するときにおそるおそる聞いてみた。


「あの~、予約したいんですけど、ドレスコードってどの程度でしょうか?」

「男性は襟付きのシャツ、ああ、それ(後ろにいたダンナを指して)で大丈夫ですよ。
 女性は特にないです。
 ビーチサンダルでなければ(笑)」

そこはさすがリゾート!
都会のレストランほどは厳しくなくてホッとしました。。。
で、喜び勇んでサンセット鑑賞の帰着にあわせて予約っと!

まあ、それでもTシャツにデニムって言うのもなんだったので(小市民)
ワタシはレースキャミにカットソーにショールくらい着ておきました。

さて、いざ「Kuniya」へ!

more...

逆さウルル 

お次は、カタ・ジュタ散策からウルルサンセット鑑賞会場へ直行です。

「夕日を浴びるウルルの色が変わり行く様を見ながらシャンパンをいただく」
というちょこっとオサレなものです。

この後の夕食に支障が出るとがっくりなので、シャンパンとおつまみはほどほどに。。。
ここで出た、スモークサーモンをグリッシーニに巻いたのがとってもおいしかった!
(ダンナ超お気に入り。。。)
あれ?AUって、海のものがとってもおいしいですが、サーモンっているのでしょうか。。。

そんなことを考えているうちにも、ウルルはどんどん色を変えて行きます。
こんな写真でおわかりいただけます?色の変わりようが。。。
サンセット1
サンセット2

ああ、ファイル加工の技術が。。。

ちなみに、1番始めのカットには、地面にも薄く日当たりのある場所がわかり、
最後のカットにはウルル中腹まで影が登っています。

この影、「地平線の影」なんですよね。

日本じゃほぼまずお目にかかれないものかと。
それに気がついたときは、ちょっと感動してしまいました。


感動したなんて言っておきながら、ここでもやってしまうコト。。。



逆さウルル



シャンパンのグラスをかざすと、中にウルルが逆さに映ります。

Image454.jpg

カタ・ジュタ散策 

おなかの不安を抱えつつ(^_^;)、カタ・ジュタ散策とウルルサンセット鑑賞ツアーへ出発です。

最もポピュラーなオプショナルツアーのひとつで、前回も行ったツアーではありますが、
面倒くさがりの我が家は
「”観光つきプラン”にしちゃえば、全工程の朝食と登山もセットになってるし、らくちんじゃん」
と、再度行くことに。

ツアーでは、途中でカタ・ジュタとウルル両方が見えるデューン展望台に立ち寄ります。

ここで、やることが二つ。
「手乗りウルル」
IMG_1860.jpg

と「ウルルのまるかじり」。
※これはみっともないのでお目にかけられません。。。

とってもベタです(^_^;)

カタ・ジュタは岩の数も多いので、見る方向によって姿が変わって面白い!
これは、バスで展望台に向かっているとき。
IMG_1855.jpg


これは、展望台から
IMG_1861.jpg


展望台からカタ・ジュタに向かう間
IMG_1868.jpg


これが王道の向き
IMG_1888.jpg
Googl見ると、岩のまわりをぐるっと歩けるみたいなので、レンタカーとかで来て、
ぐるっと歩いてみたいですね。

more...

ホテル到着です 

エアーズロック(コネラン)空港到着です。
空港ロビーで、今回お世話になるAATKingsのガイドさんと合流です。
このガイドさん、最近日本のTVの収録で、エキストラとして出演、
上原多香子とアウトバックでBBQを食べたそうです。
(日テレとか言ってた気がしたんだけど、いつ出るのかわからない。。。)
でも、このガイドさん、上原多香子は知らなかったらしい(そりゃそうだ。)

今回の宿泊もエアーズロックリゾート内の「SAILS IN THE DESERT」
リゾート内で一番豪華なホテルなのに、前回は1泊しかせず、
しかも!サンセットツアーに、
BBQ&スターライトツアー、さらに翌日はサンライズ&登山を組んでいたので、
ホテルの滞在時間が5時間程度(90%睡眠)という
とってももったいないことをしてしまったので、今回は3泊にしてみました。
今回は、ホテル本棟からプールをはさんで向かい側のとても出入りのしやすいお部屋でした。
お部屋はこんな感じ
IMG_1848.jpg

バルコニーからの眺めはこんなかんじ。
IMG_1851.jpg

このホテルは中庭がステキで、カラカラな土地であることを忘れてしまうくらい、緑がきれいです。
IMG_2072.jpg

more...

無事上陸! 

途中でちょこちょこ起きながらも結構ちゃんと寝て、
現地時間5時半くらいにケアンズに到着しました!
ここでエアーズロック便への乗り換えです。
国際線ターミナルから国内線への移動はちょっと距離もあるため、
現地係員にお手伝いしていただきます。
この現地係員さん、日本語を話せるオージーだったのですが、なぜかわが地元を知っている。。。
日本にいたことがあり、その時の彼女が住んでいたのがわが地元だったんだそうな。。。

そして、その場で、全工程の航空券のチェックが入ったのですが、
またしても帰り便の予約の状況がうまく伝わってないことが判明!
ええ加減にしいや!と切れそうでしたが、後日シドニー支店に電話で聞くことに。

それにしても前回も不思議だったんですけど、
こっちの空港って、現地係員って、登場口のすぐ手前まで入ってきちゃえるんですよね。
まあ、セキュリティは通っているみたいでしたけど。。。
日本の空港じゃ絶対ありえないと思うんだけどね、コレ。

トランジットに3時間を要し、売店の物色と居眠りをしてすごし、やっとケアンズを出発~。
ケアンズに着いたころは夜明け前だったのが、すっかり日も登ってとってもいいお天気!
IMG_1820.jpg


more...

出発です 

日がたつのは早すぎるもので、あっという間に帰ってきてしまいました。
しばらく、旅行のお話を書いて行こうと思います。

今回のキーワードは「風」でした~。

*・∵・~*・∵・~*・∵・~*・∵・~*・∵・~*・∵・~*・∵・~*

ダンナは午前中は会社へ~。
私はクックのお泊りの用意をし、お昼過ぎにホテル(動物病院ともいう)に連れて行きました。
ちゃんとお散歩してもらえるか、夜寂しがって泣いたりしないか、
帰ってきてから私たちを忘れてしまっていないか。。。
クックは自分の身に何が起きるかまったくわかっておらず、いつものシャンプーのつもりみたい。。。
トリマーのお姉さんにしっぽブンブン。

ああ、楽天的なワンコだねぇ。。。

私の方はしばし涙のお別れでした


3年前の旅行のときは、ダンナの帰りがかなり遅くなりバタバタになりましたが、
今回はちょっと余裕ができ、ほっ・・・。
余裕で新宿発のNEXに乗り込みました。

だがしかし。

前日分に「行きの便がキャンセル~」とコメつけましたが、
空港に着く直前のNEXの中で、また連絡があり、
「ケアンズ経由の別の便で席が取れたので、それで出発してください~。」ときたもんだ。

まあ、ケアンズ経由のほうが2時間近く早くエアーズロックに入れるのでよしとするか
と言われた便で向かうことに。
機内食も出るんだったんだけど、20時過ぎの便じゃさすがにおなかが減るので、
最後の日本食(天丼)で腹ごしらえ。

で、ちょっと不安だったので、予定の集合時間よりも早く代理店のブースに確認に行きました。
行きの便はケアンズ経由の便で用意できていました。
(そうじゃなかったらマジでキレますってば。)

が、帰りの航空券の登録が、最初のシドニー発直行成田のまんま。
シドニー発ケアンズ経由成田便&Cクラスの特典つきのはずなのに。。。
会社の方に確認してもらい、そういう連絡が入っているということだったので
かなーり疑いながらカンタスにチェックインしに向かいました。
そしてここでもシツコク確認(笑)
予約はちゃんと入っているみたいだったので、航空券に朱書きしてもらい飛ぶことにしました。
IMG_2348.jpg

(ホントにシツコイ。。。(^_^;) )

免税店を物色し、買っておきたかったメイクアップパレットだけお買い上げ~して、
さて、いざ出発です!
IMG_1817.jpg

more...

旅に出ます 

といっても、1週間程度ですが(笑)

今年は、ダンナが勤続10年満了のリフレッシュ休暇を取れるので、
明日の夜からオーストラリアへ飛んできます!

飛ぶ前からすでにトラブル(?)発生。。。
帰りの便がオーバーブッキングで直行便から乗り継ぎ便になっちゃった。。。
そんなこんなでスタートですが、果たして無事に帰ってこれるか!?(笑)


携帯からメールが飛ばせるので、もしかしたらリアル更新するかもしれません。

あ、リアル友のみなさま、くれぐれもうっかり電話はしないでくださいね。
普通にダイヤルするだけでつながっちゃうみたいですが、料金は私もちですので(笑)

クックはもちろん行けないので、地元の動物病院でお留守番です。
いいお宿ではないので運動不足になりそうだし、なによりも捨てられたと思われそうで不安です。
火事や地震が起きたら誰も助けてくれなそうだし、すごーーーーく心配です。
(最近特に地震多いし。。。)

ま、99%取り越し苦労だとは思いますけど。


それはさておき、行ってきまーす。

峠を越えました 


全景

全景2
こんな感じで華やかだった庭も、一番花が咲き終わりちょっと寂しくなりました。
今はラベンダーや
ラベンダー

萩(江戸絞)
はぎ江戸絞
と、ちょっと落ち着いた庭になりました。
萩って、今の時期に咲くんですね。
8月に東北のお寺で咲いているのを見たことがありますが、草冠に秋と書きますし、
そのくらいの時期の花だと思っていました。。。


ちょっと思い出に浸ってみましょうかねぇ。。。

more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。