FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登る・その1 

キングスクリークステーションを出て小一時間ほど(だったと思い
ます)で、キングスキャニオンの入り口に到着です。
ウルル・カタジュタ国立公園とは別のワタルカ国立公園というところになります。
で、ワタルカ国立公園は「タダ」で入れます。
ウルル~の方は$25必要です。

目的はもちろんトレッキングなわけですが、ここはトレッキングのコースが2種類あります。
キングスキャニオンの谷部分を1時間で1周する「クリーク・ウォーク」と
崖の上を3時間で1周する「リム・ウォーク」です。
P5012920.jpg




もちろん、「リム・ウォーク」でしょ!



キングスキャニオン周辺にしかいないという希少種
「スピニフィクス・ピジョン」に見送られ、トレッキング開始です。
P5013024.jpg
見られるのは珍しいらしいです。

※あとから調べてみたら、そうでもないっぽい(笑)
http://www.aviceda.org/abid/index.php



あ、結構、エアーズロック周辺にいる「クレステッド・ピジョン」を
「スピニフィクス・ピジョン」と紹介されているサイトがありますが別物です。
「クレステッド・ピジョン」に比べて「スピニフフェクス・ピジョン」は
色が茶色い・サイズが一回り小さいです。





駐車場からちょっと行くと、なんか、かなりの傾斜を登っていく人が見えます。
P5012923.jpg



・・・まじっすか。


500段の階段だそうな。

ガイドさん曰く「ウルルの方がキツイって言う人が多いですよ」とな。
「250段登ってみてダメそうだったらクリーク・ウォークに変えられますから~」

とはいえ、さすがにそれはもったいない。




なんとか根性で登る(笑)




キツいのは、最初のココだけです。
ココさえ頑張れれば、あとはほぼ平地です。

眺めサイコー!
P5012929.jpg
真ん中の白いポチは、乗ってきた観光バス。

P5012930.jpg
P5012960.jpg
P5012951.jpg
P5012995.jpg
右上に人がいるのわかります?こんな絶壁も。

P5012971.jpg
ロストシティと呼ばれている場所の入口。
もこもこした岩が、滅んだ文明の建造物が風化したように見えるとか。

この谷の狭間には
P5013028_20110528193422.jpg
「エデンの園」と呼ばれる水場が。
P5013017.jpg
大昔の熱帯雨林の名残でソテツのようなシダ植物が生えています。

P5012943.jpg
このあたりの地層は3層構造で、真ん中に薄く見える紫っぽい色の層が
水を留めてくれるんだそう。


ここは、この谷の始まり。
P5013040.jpg
ここからこの谷が広がってます。
ここも何百年か後には、削れて無くなってるわけです。

IMG_5400.jpg
(つつくと大きくなります)




やっぱ、すごいわ、オーストラリア!

写真じゃやっぱり伝わんないわ~。


Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://namiwanko.blog60.fc2.com/tb.php/566-ba1a35ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。